カードローンの契約をする際に目的を意識しようということは以前ご紹介しましたが(>>>目的のないカードローンの落とし穴)その目的によってはローンよりもキャッシングの方が効率よく利用することが出来る時もあります。そこで今回はローンとキャッシングの区別と使い分けについてご紹介致します。


カードローンは大きな買い物で長期返済を視野に

借入の目的が車や結婚式費用など何百万円単位となると、一括での返済はとても困難になります。借入額が大きいため金利も高く、担保を有する場合もあります。ですが自分の結婚式や欲しい車などで納得が出来ない妥協をしてしまっては、今後とても後悔をしてしまうことになりかねません。
このような大きなイベントは自分達の思い出に深く刻まれることになるので、ローンで納得出来るものを購入しましょう。


キャッシングは小さな買い物で短期返済を目処に

カードローンと違い、キャッシングは少額の出費にとても柔軟です。最大融資額も十万単位なので、引き出しすぎることもありません。担保はないところが大多数なので気軽に審査申し込みをすることが出来ます。申請はインターネットで24時間受け付けているため、即日で利用することが可能です。銀行のキャッシュカードのような感覚で利用することが出来ますのでとても便利です。

この二つはきちんと使い分けることでとても利便性が高くなるサービスとなります。キャッシングもローンも自分のお金として使うことが出来ますが、「借りている」という状態に違いはありません。きちんと自分のペースで返済していけるよう、賢く選択しましょう。

Comments are closed.

^